ぶたポン … 山梨県市川三郷町(旧六郷町)の甲斐岩間駅東側の広場に誕生しました。ワラで作った巨大オブジェは、「トトロン」同様に地域の人気キャラとなっています。同じ広場に造られたワラの迷路もGOODです!

市川三郷町営日帰り温泉「つむぎの湯」
つむぎの湯「湯るキャラグランプリ」
市川三郷町営日帰り温泉「つむぎの湯」


エントリーNO.8
 
ぶたポン


ぶたポン−JR身延線「甲斐岩間駅」の東側広場にできたワラアート


ぼくの名前はぶたポン。JR身延線甲斐岩間駅の東側に住んでいるよ。電車で出かけるみんなを大きな目で毎日見ているんだ。
みんな印鑑って知っているかい?ぼくの鼻は六郷地区特産のハンコでできているんだ。
友達の市川三郷町レンジャー「ぽんぽん」が、ぼくのすぐ近くに住んでいるから、彼のこともよろしくね。中に入って遊ぶことができるよ。
甲斐岩間駅のホームから、ぼくのことがよく見えるから、みんな遊びにきてね。




 昨年、各種メディア等でも有名となったワラアート「トトロン」の生まれ変わり?とも言うべきキャラ「ぶたポン」が、地域若者グループ「6go会」の手によりJR甲斐岩間駅の東側広場に制作されました。
 今回の着目すべき点は、ワラを素材としたキャラ「ぶたポン」だけでなく、同時進行でワラの迷路が制作されたことです。
 おどろくことに、その迷路は、「ナスカ地上絵」のごとく、上空から見ると町の公式キャラの市川三郷レンジャーの「ぽんぽん」の顔に見えるのです!
 え?そんなんじゃ見えないじゃない…という皆様の要望に応えるべく、ラジコンヘリ空撮隊「六郷の里 遊鳥工房」の皆様がしっかり撮影してくれました。(以下参照)
 「ぶたポン」と迷路地上絵…宇宙人に発見される日も近い!付近でUFOを見かけた方は、つむぎの湯まで連絡くださいね(笑)



このキャラにFaceBookの
「いいね!」投票する↓

     






C M


このキャラは、新聞記事として大きく紹介されました!

− 六郷の空き地に迷路やオブジェ わらで巨大な遊び場 −

このキャラクターと迷路は、昨年のトトロン同様に、既にメディアからも注目を浴びることとなり、12月4日には「山梨日日新聞」の記事となりました。

 
記事概要はこちら↓↓↓
   
六郷の空き地に迷路やオブジェ わらで巨大な遊び場




「市川三郷レンジャー」と「つむぎの湯 勝手に…湯るキャラグランプリ」が動画になりました!

− 地域に根ざした「ゆるキャラ」たち −

 日本の「ゆるキャラ」ブームの現状と将来展望について、山梨県市川三郷町の公式・非公式キャラクターの紹介を含め考えて見ます。
 市川三郷町の公式キャラクター「市川三郷レンジャー」は、極めて地域に根ざした特徴を持っているキャラクターの代表的なモデルとなっています。
 また、同町の温泉施設「つむぎの湯」では、地域の中で活躍している隠されたキャラクターの発掘をすべく、「ゆるキャラグランプリ」とは別に「湯るキャラグランプリ」なる独自イベントを試行的にWEB開催してみました。
 その結果、今まで見えていなかった「ゆるキャラ」というものの本質的な存在価値や意義が見えてきたように思います。
 私たちは、地域で生み出されたキャラクターを単なる「商品」として扱ってはいけないのです。そして、地域の中で人々は創作の喜びを分かち合い、地域の人々は、愛着を持ってキャラクターを育てる…という、いわゆる「キャラクターの地産地消」が大切なのではないでしょうか。
 このようなテーマを持った、一つのドキュメンタリーとして、一連の動画として、集約してみました。

 
動画はこちら↓↓↓
   
山梨県市川三郷町−ゆるキャラ動画 Youtube




※また、この取り組みを海外の方々にも知ってもらえるように【英語版】も同時編集しました。

 → The Great Mascots born at a very small comunity in Japan


For current situation and future prospects about japanese vogue of mascots "Yuru-chara ", we describe include the introduction of formal and informal mascots of the town of Ichikawamisato,Yamanashi Prefecture.
Tsumugi-spa In this town, in order to the discovery of mascots hidden who are active in the community, will be held one event "The Grand Prix for local creative type mascots in web-site". in addition to "The Yuru-chara Grand Prix in Japan".
 





下のボタンにより、Facebookでのシェア、Twitterでのツィート、フォローも併せてお願いいたします。


Share (facebook)





「ぶたポン」とワラ迷路


 平成25年11月3日に開催された「はんこ日本一!六郷の里秋まつり」時から、本格スタートした制作から約1ケ月…。6go会の皆様の休日返上ともいうべき努力により、素晴らしい芸術作品が完成いたしました。
 JR身延線に乗車された方の車窓から…、また甲斐岩間駅での乗降される方の目を楽しませるワラアート「ぶたポン」…。そして駅の東側広場では、子供たちに、ちょっとした探検が楽しめる「ワラ迷路」。とても凝った企画には果てしない夢とロマンを感じます。

ぶたポン Photo-1【つむぎの湯 湯るキャラグランプリ】 ぶたポン Photo-2【つむぎの湯 湯るキャラグランプリ】 ぶたポン Photo-3【つむぎの湯 湯るキャラグランプリ】 ぶたポン Photo-4【つむぎの湯 湯るキャラグランプリ】