つむぎん … 山梨県市川三郷町営温泉つむぎの湯が開催する「湯るキャラグランプ2012」にエントリーした「つむぎの湯マスコットキャラクター」です。苦節2年を経過し、ようやく表舞台に登場したキャラをご声援ください。

市川三郷町営日帰り温泉「つむぎの湯」
つむぎの湯「湯るキャラグランプリ」
市川三郷町営日帰り温泉「つむぎの湯」


エントリーNO.2
 
つむぎん
つむぎん(増殖バージョン)−市川三郷町営温泉つむぎの湯マスコットキャラクター
 見てくれは怪しく、人はバイ菌あつかいするけど、ほんとはイイ奴なんだ。たまに増殖して人を驚かせることはあるけど、悪いことはしないよ。よく見てもらうとわかるけど、僕の形も温泉マークなんだ。
 「つむた」の脇役的なキャラクターだけど、「つむた」同様に逆境の時期に成長したキャラということで、強くゆるいキャラだよ。当時のスタッフには「つむた」以上にウケがよかったな〜。


このキャラにFaceBookの
「いいね!」投票する↓

     






C M


「市川三郷レンジャー」と「つむぎの湯 勝手に…湯るキャラグランプリ」が動画になりました!

− 地域に根ざした「ゆるキャラ」たち −

 日本の「ゆるキャラ」ブームの現状と将来展望について、山梨県市川三郷町の公式・非公式キャラクターの紹介を含め考えて見ます。
 市川三郷町の公式キャラクター「市川三郷レンジャー」は、極めて地域に根ざした特徴を持っているキャラクターの代表的なモデルとなっています。
 また、同町の温泉施設「つむぎの湯」では、地域の中で活躍している隠されたキャラクターの発掘をすべく、「ゆるキャラグランプリ」とは別に「湯るキャラグランプリ」なる独自イベントを試行的にWEB開催してみました。
 その結果、今まで見えていなかった「ゆるキャラ」というものの本質的な存在価値や意義が見えてきたように思います。
 私たちは、地域で生み出されたキャラクターを単なる「商品」として扱ってはいけないのです。そして、地域の中で人々は創作の喜びを分かち合い、地域の人々は、愛着を持ってキャラクターを育てる…という、いわゆる「キャラクターの地産地消」が大切なのではないでしょうか。
 このようなテーマを持った、一つのドキュメンタリーとして、一連の動画として、集約してみました。

 
動画はこちら↓↓↓
   
山梨県市川三郷町−ゆるキャラ動画 Youtube




※また、この取り組みを海外の方々にも知ってもらえるように【英語版】も同時編集しました。

 → The Great Mascots born at a very small comunity in Japan


For current situation and future prospects about japanese vogue of mascots "Yuru-chara ", we describe include the introduction of formal and informal mascots of the town of Ichikawamisato,Yamanashi Prefecture.
Tsumugi-spa In this town, in order to the discovery of mascots hidden who are active in the community, will be held one event "The Grand Prix for local creative type mascots in web-site". in addition to "The Yuru-chara Grand Prix in Japan".
 





下のボタンにより、Facebookでのシェア、Twitterでのツィート、フォローも併せてお願いいたします。


Share (facebook)