日帰り温泉−山梨県市川三郷町

山梨の日帰り温泉−つむぎの湯 The public bath カラオケで健康づくり【山梨の日帰り温泉−つむぎの湯】 最新イベント情報【山梨県の名湯つむぎの湯】
つむぎの湯〜節電・外出支援キャンペーン実施中〜
営業時間等 利用料金等 案内地図 各スペース等 成分・効能等

クールシェア(Cool Share) … 「涼しさを共有する」この事業は夏の電力不足へも少なからず貢献したものと思われます。当館「節電・外出支援事業」と併せて御紹介いたします。

つむぎの湯(TOP) >環境省推奨エコ事業への協賛 > クールシェア(Cool Share)


夏の節電エコ事業−クールシェア


冬の節電エコ事業−ウォームシェア



C M



MOTTAINAI is able to transform the energy situation of the world.



Energy saving by sharing the warmth or coolness - THE BATHING TIMES -




Japanese lifestyle for spread of alternative energy - YouTube -







     

Share (facebook)








A 環境省推奨エコ事業(クールシェア)の解説




クールシェアの概要と取り組み

〜 エアコンを消して涼しいところに集まろう!(涼の共有) 〜

一般家庭での夏場の電力使用量(例)

 「クールシェア」については、既に、当館で語ることがないほど、各地での数多くの事例に基づき体系づけられています。(ウォームシェアについては、クールシェアでの実地を受け、さらに詳細になっています。)
 クールシェアは、「涼しさを共有する、分かち合う」という意味でのネーミングのとおり、極めて多岐にわた場面で、国民の皆様が誰でも、無理なく実行できるライフスタイルなのです。「家」でも「外出」先(自然、施設、まちの中)でも、心がけひとつで実行できるエコ事業(節電をはじめとした省エネ、地球温暖化防止対策など)なのです。
 当館における、この事業への協賛ポジションとして最もわかりやすいのが「外出先」での「施設」という部分です。温泉という、集客施設ですので、夏の暑い時期に家庭の冷房を止めて、「つむぎの湯」という快適な温度環境の中で「涼しさを共有しよう」ということです。極端な例ですが、当館としては営業している限り、お客様が1人であっても100人であっても使う燃料や電気の使用量は、ほとんど変わらない…ということから、1ケ所に集まることが、いかに合理的な省エネ対策かを強調し続けています。その他、これに付帯した大きな効果としての外出支援、コミュニティケーションの自然発生なども数多くありますが、このページでは割愛させていただきます。
 さて、「クールシェア」は、環境省及び多摩美術大学デザイン学科の堀内チームにより体系づけられ、その理論と実地が行われました。特にクールシェアにおいては「日本一暑い」と言われている埼玉県熊谷市を中心としての実地という形となりました。熊谷市では、公共施設だけでなく民間施設も協力体制となるという一大プロジェクトとして取り組まれました。この実地による成果や反省点が、現在、全国規模で展開しているウォームシェアへと発展したといっても過言ではありません。
 時を同じくして、ひとつのポイントとして実施していた当館の「節電・外出支援事業」も趣旨が同一ということから、この事業への統合と協賛という形となりました。
 以下、環境省とクールシェア・ウォームシェア事務局により作成された周知ページ等の中で要点と思える部分を抜粋させていただき、紹介していきます。
クールシェア周知用ロゴ【山梨県市川三郷町営温泉つむぎの湯】

■ クールシェアのおすすめライフスタイル (クールシェア公式HPより)

 「ご家庭でクールシェア」、「カフェでクールシェア」、「木陰でクールシェア」、「ご近所でクールシェア」という4点をクールシェアの例としてあげています。
 これは、個人個人がクールシェアを実施する、初期の段階での大枠としての例だと思います。これらを各自が応用することにより、極めてバリエーションの多いクールシェアとなります。例えば、「快適な温度の図書館、プールなどを活用する。」、「涼しい避暑地で過ごす」などなど…。登録されている各スポットの種類を見ると間口が大きいことに驚かされます。
 いずれにせよ、施設や家庭ごとに課せられた節電に対する既存の対策とは、その方法論そのものが違うことが理解できることと思います。
 当たり前のようで、なかなか実践できていない個人のライフスタイルへの意識付けということにアプローチした事業なのです。

クールシェアおすすめライフスタイル【山梨県市川三郷町営温泉つむぎの湯】


■ 当館のクールシェアの取り組み〜節電・外出支援事業強化期間〜

 当館(つむぎの湯)では、クールシェアに協賛するとともに、夏の電力不足が懸念される中、従前の割引サービスに加え、以下の取り組みを行いました。(詳細については、【過去記事】つむぎの湯でクールシェア を御参照ください。)

 @節電ポイントカードの発行(15回の来館にて1回の無料入浴)
 A夏期の期間中の空き部屋の全室開放(可能な限りの収容人数を確保できるように団体への部屋の貸し出しを制限)
 B近隣施設へのクールシェア協賛への呼びかけと施設間の連携強化(クールシェアスポットのネットワーク化の試行)

※ Bについて、クールシェアの趣旨を理解していただき、賛同と協力いただいた近隣施設や町内スポットです。

市川三郷町営フィトネスジム「ニードスポーツセンター」
つむぎの湯と同じく町営施設であり、同地区内にあるスポーツと健康増進の施設です。

富士川カントリークラブ … 
つむぎの湯から、車でわずか10分程度の場所に位置するゴルフ場です。山間地にあることから木陰が多く、クラブハウスなども涼しいことから、クールシェアに協賛してもらいました。

四尾連湖 湖畔荘 … 
高地にあるため、避暑地としての天然の涼スポットです。湖畔荘である「竜雲荘」と「水明荘」はキャンプやハイキングに活用されています。

なかとみ和紙の里「現代工芸美術館」 … 
つむぎの湯と隣接地にあるこの施設は、既にクールシェアスポットとしての登録がされていましたので、連携協力をしてもらいました。




■ 上記抜粋の詳細や参考事例については、以下にありますので、お時間ある方は是非、御閲覧ください。

●SUPER COOLBIZ 2012【環境省 クールビズ・ウォームビズ・うちエコ!事務局】
  ( http://www.challenge25.go.jp/practice/coolbiz/coolbiz2012/ )

●クールシェア公式ホームページ【クールシェア事務局(多摩美術大学デザイン学科堀内チーム)】
  ( http://coolshare.jp/ )

●埼玉県熊谷市〜地域をあげてクールシェアに取り組んでいます〜
  ( http://www.city.kumagaya.lg.jp/kakuka/sogo/kikaku/oshirase/cool_share.html )



※その他、全国各地の自治体や地域にて、「クールシェア」の取り組みが実施されました。このページでは、全てを御紹介することはできませんが、各地での積極的な取り組みと、その御尽力には心から共感いたします。(検索キーワードに「クールシェア」と入力され、是非とも全国各地の取り組みも御参照ください。)




【 以下、クールシェア・ウォームシェア関連ページを順次、御参照ください!】





 @ エコ事業(ウォームシェア等)協賛 … 環境省推奨エコ事業への協賛と全国展開事業への各種効果の期待
 A クールシェアの概要と取り組み … 環境省及び多摩美術大学堀内チームによる同事業概要と当館での取り組み
 B ウォームシェアの概要と取り組み … 環境省及び多摩美術大学堀内チームによる同事業概要と当館での取り組み
 C 経済効果と景気回復への期待 … 両シェア事業の全国及び地域経済への効果と景気回復への期待
 D シェアマップへの登録 … シェアマップへ登録するうえでの事業趣旨の理解と登録方法

 【付加事項】 「シェアライン(仮称)」の有効活用 … 「点→面」展開上の「線」の重要性を多摩美術大学の堀内教授が提言




   


リンクについて リンク集 登録型リンク集 問い合わせ 温泉BBS



P R