日帰り温泉−山梨県市川三郷町

山梨の日帰り温泉−つむぎの湯 The public bath 高濃度の塩化物温泉は専門家から高評価!山梨の名湯「つむぎの湯」 「つむぎの湯」利用案内!山梨を観光旅行するならココが穴場!
つむぎの湯(山梨県市川三郷町)
営業時間等 利用料金等 案内地図 各スペース等 成分・効能等

外出先に適した場所 … 積極的な節電対策「外出や旅行による電力の共有化」を達成するために適した場所「つむぎの湯」の電力節電の観点から見た特徴点を紹介。

つむぎの湯(TOP) > 緊急節電対策 > 外出先に適した場所


【終了記事】「電力の共有化」を実現するために有効な要素



「電力の共有化」の観点から外出先に適した施設「つむぎの湯」

 「電力の共有化による節電」を成功させるうえで、外出先として最も適した場所を考えてみたいと思います。
 いきなり「つむぎの湯」です…と言いたいところですが、残念ながら高原などのエアコン不用の避暑地、アウトドアによる野外生活には、どう考えても勝ち目はありません。電気さえ消して出かければ、驚くべき節電効果になると思われます。
 しかし、これらの場所へ行くことは、容易にできることではありませんし、よほど長期間滞在しなければ、あまり節電としての効果が表れないと思います。
 さて、一般の屋内型施設ではどうでしょうか?これは、施設ごとに照明・空調・収容人数などが違うので一概には何とも言えませんが、どれだけ電力に依存しているかがポイントとなります。
 実は、つむぎの湯では2〜3年ほど前の原油が高騰した時期に、設備の主たるエネルギー源を灯油から電気への変更を検討したことがありました。結果的に初期投資が予想以上にかかることから、検討段階で断念しました。
 つむぎの湯が開館したのが、平成15年11月です。その当時から既にCO2削減対策による化石燃料から電力への移行は始まっていました。原油が高騰し始めた時期には、何故、設計段階で電力を有効活用しなかったのか?とさえ思えました。
 ところが、今の電力不足の事態となった現状では、不幸中の幸いと思わんばかりの電気依存率が低い施設なのです。確かに一般家庭と比較すると遥かに電力使用量は大きいですが、施設規模や集客数から考えると驚くほど電力依存度が低い施設と言えます。(その分、灯油への依存度がかなり高いのですが…。)
 これらも含めて、つむぎの湯が「電力の共有化」に適している施設だと言う点を以下に明記します。

● 夏場の家庭の電力消費量の7割を占めると言われているエアコンであるが、つむぎの湯のエアコンの主たるエネルギー源は電力ではなく灯油である。(灯油式ヒートポンプ形式であるため、電力には、ほとんど依存していない。)

● 入浴スペースばかりではなく、休憩スペースが充実していることから長時間の滞在には適している。
(休憩可能スペース 和室総計80帖・ホール部分約50帖・健康増進室約20帖・他)

● コミュニティ−バスの発着所となっているため、高齢者等の来館の利便性もよい。


※付加的な事項となるが、今年も懸念されてる家庭内での過度の節電による「熱中症」に対しても来館及び長時間の滞在は有効である。


【つむぎの湯 緊急節電対策 関連ページ】

 ■ 緊急節電対策 … 「電力の共有化」をベースとした節電イメージの解説
 ■ 外出の啓蒙・支援 … 節電と経済活動の両立を図るため、啓蒙と支援。
 ■ 外出・節電キャンペーン … 各家庭の節電に対し、スペースの提供という形にて支援。


   


リンクについて リンク集 登録型リンク集 問い合わせ 温泉BBS



P R